空き家・空きスペースを有効活用したい方へ

ONVO(オンヴォ)では、人や街、地域を繋ぎ、コミュニティにおける課題解決に取り組んでいます。増え続ける空き家が社会問題となっている現代。空き家をきちんと管理し、資産価値を維持することが、将来的に空き家を改修・売却する際に重要となります。そこで、空き家・空きスペースを所有する方を対象に、新たな価値を生みだす空き家の改修・活用サービスをはじめ、空き家の管理サービスを行っております。 また、売却をご検討されている方には現状の不動産価値をお調べし、買い取りも行っておりますので、ぜひ、ご相談ください。
 
***************************
 
空き家を活用した学びをコンセプトにみんながつながるスペース
「ONVO LABO YONO」


ONVO LABO YONOは、10年以上空き家になっていた昭和の建造物を改修し、コミュニティの場として再生した空き家の有効利用スペースです。
 
空き家がレンタルスペースとして生まれ変わるまで
 
この建物のオーナー様は、以前お肉屋さんを営んでおり、ご近所の飲食店さんにお肉を卸していました。お世話になったお客様への気遣いから、新たな飲食店に場所を貸し出すこともせず10年の月日が経過しました。
 
ONVO LABO YONOを運営する私たちは、「ここは駅近の交差点の角地で立地もいいし、コミュニティの場として活用し地域の方たちが交流する場として活用するのはどうか」「空き家の状態は地域にとってもプラスにならない」ことなど、有効活用するためのご提案をさせていただきました。オーナー様から「ものくりさんであれば」ということで、長らくシャッターを閉じていた1階に桶川にあった人気のラーメン屋さんを誘致し、2018年オープン。2階には地元の学生から大人まで誰でも利用できるレンタルスペース「ONVO LABO YONO」がオープンしました。2階フロアの一角には、与野の新拠点として弊社の事務所も構えました。リフォームに際しては、昭和の木造アパートの再生のための様々なプロジェクトを実践しているモクチン企画の「モクチンレシピ」を活用し、デザイン性の高いレトロモダンな空間に仕上がりました。
 

想いをカタチに…「ラーメン小窓」
 
ONVO LABO YONOの入り口のドアを開けるとすぐ、小さな扉があります。
この扉、実は1階のラーメン屋さんの厨房と繋がっています。これは、「ここが地域の交流の場となって欲しい」という想いをカタチにするための「ラーメン小窓」。
 

 
2階を利用する方も美味しいラーメンが食べられるようにとご提案しました。
ラーメン屋さんのお客様にも、回りのお店の方にも2階のスペースのことを知ってもらいたい、ゆくゆくは私たちの取り組みをこの地域の方にも知っていただき、地元で事業を営む方同士が繋がり、「ここにくると元気になる」「困った時はここに行ってみよう」そう言ってもらえるような関係を築いていきたいです。
 

 
私たちは、不動産、設計、デザイン、相続相談など、異なるノウハウを持ったメンバーが結集し、地域が繋がる場を提案したり、お家のお困りごとの相談にのったり、素敵なお店を設計したり、人生を豊かにするための暮らしにまつわる提案をしています。
今年は、コロナの影響でお年寄りの方の交流や、地元のママ方同士の何気ない会話が減り、街全体が元気がなくなり、改めて「人との繋がり」が大切だと感じます。
ONVO LABO YONOが繋がる場所となり、私たちの取り組みを通じて、地域が元気になる・・・そんな連鎖が生まれることを願っています。
 
***************************
 
事例:オフィスの空きスペースを活用したレンタルスペース「ONVO SALON URAWA」
 

 
事例:空き倉庫を活用し地域とアートを繋ぐシェアアトリエ&スタジオ
 

 
空き家には、それぞれそこに至った事情があり、その原因を探り、一緒に悩みを解決することが、ONVOスペースを運営する株式会社ものくり商事の取り組みです。

>>>お問い合わせはこちら

ONVO事務局 (オンヴォサロン浦和内)

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町1-10-7 尾張屋第一ビル5F →map
10:00~18:00(不定休)
048-822-3341
info@onvo.jp
http://onvo.jp/


運営会社ものくり商事→ http://monokuri.co.jp/
ONVO SALON URAWA→ http://onvo.jp/urawa